2020/11/15蠍座新月 願い事が強烈に叶うって本当?

星を生かして優雅にリアリティを創造する研究家・天音(あまね)なおみです。

この記事は、2020年11月15日14:07におきる新月に関して解説します。

蠍座の新月は、占星術に詳しい人たちの間では、密かに「願い事に強い」とささやかれています。

理由は「人を変える力が強いから」

しかも、「お金」と「愛」という人間の強い強い欲望に深く関係します。

この新月は何に生かせるのか?何のサポートをしてくれるのか?

わかりやすく解説していきますね!

この新月の特徴をまとめると、こちらの3点です。

✔️ 将来を見越した「契約」を結ぶ

✔️ 分断が乗り越えられる

✔️ 風の時代を前に足場固め

では、ひとつづつ読み解いていきましょう。

動画での解説はこちら↓

 

蠍座の新月の意味とは?どんな願い事に効果があるの?

新月は、全般的に何かを始めるのに向いています。

そこで重要なのは、後押しをいただけるプランづくり(アファーメーション)!

新月が起きるサイン(星座)の性格やテーマに沿ったプランでこそ、月の満ち欠けのパワーがいただけるのです。

今回新月が起きる蠍座は、「水」のエレメントで、「不動」のクオリティのサイン。

ですから、複数の人やものごとの結びつき、それも溶けあって一体化したかのような強い結びつきを表します。

簡単に切れないし、気分や環境の変化にも揺るぎません。

キーワードは、絆、継承、契約、洞察、深層心理、探究、濃縮、性など。

財運も強いですよ。

蠍座は、お財布に入っていて日々使うお金ではなく、「(簡単に動かせない)重い資産」を表します。

例えば、代々受け継がれる財産や、運用している資産や権利収入、ずっとかけ続ける保険や年金など。

こんなことから、蠍座は、愛の絆とお金に縁があるとされているんです。

総じて、蠍座の新月は「絆を結ぶ」「契約を締結する」ことを始めると良いわけです。

締結というのは、その約束を長く必ず守ります、というはっきりした強い意思があるという意味。

特別な粘り強さと自己管理能力も、とても発揮しやすくなります。

 

新月についてはよかったらこの記事もどうぞ↓

では今回の、2020年11月の蠍座新月についてより細かくお話していきましょう。

こちらがホロスコープです。

新月が起きる位置が8ハウスという点も、蠍座のパワーをぐっと強めています。

ホロスコープは12のハウスがありますが、8ハウスは蠍座のナチュラルハウスにあたります。

1ハウスにも蠍座の副ルーラー火星がありますが、14日に逆行から順行に変わったばかりで、熱を溜め込んでいます。

こんなことから蠍座のエネルギーは非常に強まり、よそ見をしない、必要なことにすべての情熱をふりむける、ひたむきさがありますね。

粘り強く熟成させると、大きな力になっていくし、高いハードルがあっても必ず乗り越えるでしょう。

真剣交際の出会いにもとってもいいですね。

この新月なら、遊びではなくすぐに結婚に結びつきます!

出会いは火星や金星も見ますが、この新月図ですと、出会いを求めている人は本当に多数いらっしゃいます。

コミュニケーションの水星も、たいへん意欲的ですから、広く自分のことを知ってもらう機会をつくるといいですよ。

将来を見越した、パワフルな「契約」を結ぶ

そしてこの新月、ほかの星からのサポートがとても強力です。

山羊座にある冥王星・木星・土星が11ハウスから、魚座にある海王星が12ハウスからつながって、小三角をつくっています。

木星・土星は12月に山羊座から出て、水瓶座に移動し、「風の時代」をつくっていきます。

ですから、この山羊座の木星・土星の恩恵をたっぷり受け取れる新月・満月はこれがラストチャンスなのです。

木星・土星は11ハウスという「未来をつくる場」にあります。

新月のいる8ハウスは閉鎖的ですが、11ハウスはオープンです。

未来におけるあなたの立場や社会性を見越して、この蠍座のアクションを起こすととてもよいわけですね。

もしあなたが、すでに結んだ約束ごとがあるなら、それを広く世の中に公開することも非常に良いです。

 

今回ですと特におすすめしたいのは、

・資産の運用を始める

・将来のキャリアを得るために特定の活動に打ち込む

・交際中・同棲中のパートナーがいるなら結婚する

この3つです。

 

もうひとつ、あなたが何か受け継いだ立場があるのなら、歌舞伎の襲名披露のように、

「こんなことを受け継ぎました」

「こんな役職につきました」と発表するにも良い時期です。

先月の天秤座の新月満月は、なかなか難しい問題解決に取り組みましたが、そのがんばりが報われる方も多いですよ!

分断を、あらためて乗り越えるパワーがやってくる

では、新月のメッセージをもっとピンポイントで示してくれる、サビアンシンボルを読んでみましょう。

今回の新月の位置は、蠍座24度

サビアンシンボルは、

「男の話を聞くために山から降りる群衆」

これは、「私のことは、どうせわかってもらえないだろう」「周囲から弾き出されている」と言う風に

社会からの孤立や疎外を感じていた人々に対して

「もう一度がんばってみよう」と思える、新しく力強い考え方が登場する!という意味です。

分断が、あらためてまとまっていくエネルギーです。

もしかしたら、あなた自身が、それを導く人かもしれませんね。

もし、孤立し救いを待っていたのなら、社会復帰のチャンスがありそうです。

今までになかった新しい考え方がそれを可能にしますので、期待し、探してみてね。

度数の意味が詳しくわかる、サビアンシンボルに興味があったら、こちらの解説をどうぞ↓

精密なのに簡単に星を解釈できるサビアン占星術(サビアンシンボル)のススメ

 

風の時代が来る前に、足場をしっかり固めましょう

さて、以上の解説で、あなたはどんなことにこの新月を使いたいと思いますか?

前述したように、12月には風の時代がやってきます。

開かれ、自由に、広く動き回ることができる時代ではありますが、その前に。

あなたはそれに向けての準備はできていますか?進めていますか?

もういくら飛び回っても平気!というならよいのですが、自由に生きるためには、飛べる翼や体力があるほうがいいですよね。

これからも、おひとりさまで大丈夫かな?と不安になったり、

やっぱり疲れた時に帰る足場が欲しいな、という人も多いと思います。

そんな場合は、この新月は、欲しいものを築く大きなサポートをくれますから、蠍座が得意なエネルギーの蓄積を始めましょう。

待っていて何かが運ばれてくるわけではありませんが、求めよ、さらば与えられん、です!

お金、知識、仕事、人間関係で、あなたが「足りない!」と感じるものを

素直に世の中に手を伸ばして求めていきましょう。

足止めをくらうことが多かった10月の星回りに比べると、これからは本当に、動いた結果が出やすくなっています。

星の動きをただ情報として知っておくだけでなく、ぜひ行動してくださいね。

探していること、願っていることを、今すぐに、簡単そうな行動からスタートしてみましょう!

メルマガでは、プラスアルファの情報を加えてお届けします。

↓ ↓  ↓ ↓ ↓

 

こちらの無料診断はもうおすみですか?クラウドシステム「リザーブストック」の診断ランキングで1位をいただきました!

大好評なのでぜひ一度お試しくださいね。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【無料診断】あなたの星の活用度から判定! もっと幸せ体質になるアクションは?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。