占星術のハウスの意味

占星術の初歩知識をわかりやすく紹介してまいります。
 
今日は、ハウスの基本的な意味です。
 
 
 
ホロスコープには、中心点から円を12に分割し、1から12の数字をつけてあります。
 
これを「ハウス」と言い、星が活躍する場所や場面を示します。
 
 
●第1ハウス   外見、ルックス、印象
 
●第2ハウス   お金、収入、世間でものをいう才能
 
●第3ハウス   コミュニケーション、知識、教育、旅行
 
●第4ハウス   家庭、家族、不動産、地元、安らぎの場
 
●第5ハウス   創造力、恋愛、自己表現、趣味、子供
 
●第6ハウス   健康、自己管理、会社、仕事、就職
 
●第7ハウス   パートナーとの関係、協力、取り引き
 
●第8ハウス   遺伝、性、心理、所属、しがらみ
 
●第9ハウス   教養、哲学、向上、海外、精神性
 
●第10ハウス  社会性、キャリア、地位、上司との関係
 
●第11ハウス  友人、自由、独立、グループ
 
●第12ハウス  スピリチュアル、芸術、癒し、脱世間
 
 
 
 
例えば、このホロスコープの新月は、4ハウスで起きているので、4ハウスが意味する、「家」「安らぎの場」に関して大きな影響を与える、と読んでいきます。