「いつもふられてばかり」

鑑定例はすべて、2009年頃、腕磨きのために今とは違うハンドルネームで某掲示板上でやっていたものです。ご依頼者さまには自由転載を承知していただいております。

~~~~ご相談~~~



いつもふられてばかりで、一度も男性と付き合ったことがありません。過去に一人、2年くらい交際していた男性がいますが、深い関係は無し。冷静に振り返ると付き合っている状態では無かったのだと思いますが、当時の自分は幼く、また相手の曖昧な態度もあり、付き合っているのかも?と勘違いをしていました。この先もずっと一人のままなのか、それとも誰かと付き合えるのか、そして家庭を持つことが出来るのか、を知りたいです。結婚に繋がる出会いが訪れるの時期など、大まかで良いので分かれば幸いです。

~~~回答~~~



知的好奇心も美的なセンスなどよいものを持っていらっしゃるわりに、なぜだか対人関係では器用に立ち回れない方です。特に恋愛に関しては、ご自身で書いていらっしゃる通りの暗示があります。真意の計り知れないミステリアスな男性や風変わりな男性を好みがちですしその上に「この人の本心が知りたい」という好奇心がとても強いので、納得ゆくまで時間をかけて観察してしまう傾向があります。その結果、おわかりのように時間をむだにしがちです。好きになった男性をつっこんで追いかけないほうがよいです。



あなたは一見、あたりの柔らかい穏やかな女性ですが、恋愛には非常に強い憧れを持っています。誰かを好きになると、情念や執着心の強さが透けて見えてきますので、相手の男性が意外に思って腰が引けてしまったりします。それから、頭でこうしたほうがいい、と判断しているのに、感情ではそれと正反対のことをやりたがる傾向があり、日常のささいなことでもそれをやりくりする緊張が強いです。会話している相手が、あなたが一体何をしたいのか、わからなくなってしまうことがあります。ふられてしまうのは、おそらく、このあたりが原因ではないでしょうか。しかし、今までタチの悪い男性にもて遊ばれることもなかったのはむしろよかった、と私は思います。



恋愛とは直接関係ありませんが、あなたにとっては仕事を続けることはとても大切なので、しっかりキャリアの積める働き方をしてください。(長いので中略)

出会いのチャンスは、間近では、来年が恵まれそうです。かといって今年はない、という意味ではないです。お若いですのであまり気にしないで自分磨きをがんばってください。




~~~~~〜



鑑定ありがとうございました。少し長くなってしまいますがお礼をさせてください。鑑定内容を読んで本当に救われた気持ちです。暫く前に友人の誘いで占いに行ったのですが、その時は全くと言っていいほど当たっておらず(性格等含め)「占いなんてこんなものかー」と思いました。ですが上記の鑑定ではあまりに的確に当たっており、ただただ驚くばかりです。
たかが恋愛で、とお笑いになるかもしれませんが、これまで恋愛出来ない自分に対し、欠陥人間のように感じ、昨年秋頃から情緒不安定になりがちでした。「誰からも好きになってもらえないのか…」「誰にも必要とされないのか…」と本当に辛く、特に社会人になってからは周りの同期が次々と恋愛・結婚しているのを目の当たりにし、突然気持ちが沈み仕事が手につかなくなったり急に涙が出てきたりと、馬鹿みたいですが、本当にそういった時期が続いていました。



■対人関係の指摘について
⇒その通りです、気を使いすぎる面があり、相手を優先して考え、自分のことを後回しにしてしまいがちです。しかしそれが相手に伝わらず、利用されたり、私が考えるほどには相手は私を考えておらず、相手の無神経な言動や適当過ぎる対応に、傷ついたりがっかりすることも多々ありました。(なお、上記は「私は相手を思いやれる良い人間だ!」などと言うつもりはありません。損な性格ですし、もっと自由に思ったことを口にして生きたほうが楽しいと思います。直したい性格のひとつです)



■好みの男性/恋愛傾向について
⇒これもまさに…。性格や雰囲気は違えど、「変わった人」ばかり好きになってしまいます。いつも周りに「え、なんで敢えてあの人…?」と言われていました(でも好きになってしまうんです…)いいなと思うと、時間をかけて相手を見て、近づいていきますが、結局交際までには至らず、相手が退いてしまい、結果として時間を無駄にしてばかりでした。情念・執着心等、ご指摘の通りです。「こうすれば好かれる」と考えての行動というわけではないのに、好きになると何故かとことん優しくしたくなってしまい、それが相手には重くなるようです。相手の幸せを一番に想って、極端に尽くしてしまう行動が、逆に相手の負担になるのだと思われます。重い、面倒な女だと分かっていながらも、ずっと治らない悪い癖です。
 


■仕事の件
⇒この部分の指摘に最も驚きました。就活中、何度も悩み、職種は総合職で入社しました。仕事女になっても…と思い、結婚したら辞める腰掛OLになることも何度か考えたのですが、結局はキャリアを積み社会に深く関わって行きたいと思い今の職種・会社を選びました。いま、業務がかなり忙しくなっておきており、重要な案件等まかされつつありますが、このまま仕事ばかりに没頭して婚期を逃し、独身のまま結婚できず、結婚して辞めた同期や知人に惨めだ負け犬だと笑われるかもしれない、と常に不安に感じていました。卑屈で、おかしな考えではありますが。ですが、例え結婚の時期が遅かろうと、なかなか恋人が出来なかろうが、しっかりと仕事をしてほんの少しでも社会に貢献できたらと思います。 

長くなってしまい申し訳ありませんが、ありがとうございました。あなたのような方に占っていただけて、本当に良かったです。

 
 

~~~~~〜




2009年、腕試しのために大手掲示板で公開リーディングしていた時のものです。

今みると断言調でちょっと恥ずかしいですね。
 

こちらも同じ頃にリーディングさせていただきました。
 
「金運のピークを知る」
 
なんと日経BP社が運営する「nikkei BPnet」という大メディアに書いていただいています。